最近のコメント

    link

    ユニークです。 ウブロ ビッグバン インテグラル ユニボディ ウォッチ

    ユニークです。 ウブロ ビッグバン インテグラル ユニボディ ウォッチ

    2005年のバーゼルワールドで発表されたウブロ コピー ビッグバン コレクションは、スチール、セラミック、ラバーを組み合わせて、ブランドの時計製造哲学である「アート・オブ・インテグレーション」を実現し、ウブロの成功を支えたクラシックなデザインに仕上がっています。 昨年、BigBangコレクションの15周年を記念して、ユニボディの腕時計「BigBangIntegral」が発表されました。

    このBigBangIntegralのワンピースウォッチには、肌に心地よくフィットするように設計された、ブランド特注のワンピースブレスレットが初めて採用されました。

    このBigBangIntegralの全体的なスタイルは、BigBangのデザイン哲学を引き継いでいます。この時計の直径は42mmで、これまでのBigBangの42mm時計と同じです。 ラウンドケースのフォルムに、スケルトンの文字盤デザインが加わり、クラシカルでエレガントな印象に仕上がっています。

    BigBang UnicoIntegralは、コレクションの特徴である「サンドイッチ」ケース構造を踏襲していますが、複合樹脂のインサートの代わりに、ベゼルのブラック複合樹脂ラグと二次成形ラバーリューズを除き、時計全体をチタンで制作しています。

    反対側のプッシャーは、2005年に発売されたオリジナルBIGBANGウォッチのデザインを踏襲しており、ブレスレットのスタイルにも影響を与えています。

    ラグとブレスレットは、角と面取りを施したパーツが絡み合い、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げが交互に施され、アクセントになっています。

    このブレスレットは、中央のチェーンと2本の水平なチェーンの3本で構成されています。 さらに、ブレスレットの特徴的なデザインスタイルは、ケースのデザイン要素と統合されており、エッジの要素はプッシャーのデザイン美学と呼応し、ブレスレット構造の中央のカットアウトデザインを補完しています。 ブレスレットの表面はポリッシュ仕上げとサテン仕上げが施され、チェーンは面取りと角度調整により、ケースやベゼルのラグと同じ深みのある質感と視覚的コントラストを実現しています。

    コラムホイール付きウニコ自動巻きムーブメントHUB1280を搭載し、フライバッククロノグラフ機能、72時間パワーリザーブ、100m防水を備えています。 ムーブメントは、露出したガラス製のケースバックからはっきりと見ることができます。

    概要:ワンピースブレスレットのデザインは、BigBangコレクションのすでにある特徴的な外観をさらに際立たせています。 この時計は美しくデザインされており、完成された形状が調和のとれた視覚効果と自然な美しさを作り出しています。 また、ブランドの特徴であるブラックセラミック、キングゴールド、チタンの3つのバージョンがあり、ウブロのエッセンスを繊細かつユニークに解釈しています。