link

ウエストワールド Movado Heritage Calendoplan Sウォッチ。

ウエストワールド Movado Heritage Calendoplan Sウォッチ。

ウエストワールドといえば、まず思い浮かぶのはここ数年特に人気の高いSF番組か、デアデビル3部作のような古典的な西部劇だが、最近モバードがウエストワールドと名付けた時計を発売した、そう、時計好きがいつも当て馬と言っているモバードと同じものである。 時計「カレンドプランS」。

モバドは、スポーティな「ミュージアム・スポーツ」コレクションや、カジュアルな「ポーター」コレクションでも、エレガントでアーティスティックなデザインで時計愛好家に知られています。 しかし、この新しいコレクションは、通常のモバードとはかなり異なり、現在の腕時計のタイムピースで人気のあるビンテージ要素を取り入れ、1950年代のブランドのカレンドプランモデルをクラシックで自然なデザインで再現しています。

ケースはスチール製で直径43mm、Movadoが公式にGunmetalと呼ぶメッキ技術で処理されており、ガンメタルのカラーリングによく合うように黒とグレーで仕上げられているため、西洋デザインのテーマに合っていると理解しています。 ケースの厚さは11.2mmです。

時計の側面には滑り止めのポックル周りとM Movadoのロゴが刻印されたシングルクラウンがあり、50m防水仕様となっています。

この時計には、ブラックアルミニウム製の逆回転防止ベゼルが装着されており、このベゼルも握りやすいように外周に孔が開けられており、ベゼル調整の感触も軽く、マークもはっきりとしています。

文字盤のデザインは、無駄な要素を排除したシンプルで明快なものです。 外周のミニッツマーカーはグレーのベゼルにセットされ、中央のブラックダイヤルにはビンテージベージュのマルチシェイプインデックスとガンポイント針で時刻を表示します。

針とアワーマーカー、そしてベゼルの12時位置の夜光ビーズには、上図のスイス製スーパールミノバ®が塗布されています。

サファイアバックからムーブメントを見ることができるバックトランスペアレント仕様です。 Movadoは、ETA社の三宝の一つであり、幅広いモデルに採用されているETA 2824-2自動巻機械式ムーブメントを搭載しています。 このエントリーレベルのムーブメントは、安定性と精度を備え、完全に巻き上げた状態で38時間のパワーリザーブを実現します。

この時計には、コニャックカラーの牛革ストラップが付属しており、これもまた、西部のカウボーイが手にする手綱をイメージしています。 ストラップは太めですが硬すぎず、快適な装着感を提供します。ストラップのリンクは、上のムーブメントバックビューでわかるように、装着者のさまざまなニーズに対応するためにボルト式のクイックリリースを備えています。

まとめ:このMovado Heritage CalendoplanSウォッチの公式価格は7,800人民元です。 全体を読んだ上で、実際にこの時計を使ってみて感じたこともお話ししたいと思います。 まず、問題は2つあります。この時計は50m防水しかないので、ダイビングウォッチではなく、単なるヴィンテージダイビングモデルです。モバードがダイビングウォッチを作れないわけではなく、以前のデザインは200mや300mの防水だったことを覚えているので少し戸惑いましたが、この時計はダイビングウォッチです。 2つ目の制約は、2824ムーブメントのパワーリザーブが38時間であることで、2824-2が耐久性と精度に優れているとはいえ、現在では少し物足りなさを感じてしまいます。 問題後の時計の長所は、確かに見栄えがすること、大きな文字盤が魅力的であること、時計全体のディテールが細かいこと、西洋文化から引き出した創造的なインスピレーションを用いて、現在のトレンドに沿ったビンテージスタイルを作り上げたMovadoのデザイントーンは的を得ていること、などです。