link

ティソ・プリンス・クラシック・センテナリー・コレクションが活躍する。

ティソ・プリンス・クラシック・センテナリー・コレクションが活躍する。

今年のバーゼルワールドでは、1916年に発表されたティソの「バナナ」ウォッチにインスパイアされた、非常にユニークなデザインのティソ・クラシックを見ることができましたが、その特徴的なカーブしたケースから当然この名前が付けられています。 このオリジナルウォッチには、1916年にロシアに輸出された時計が、1年後の1917年8月に修理のためにティソに戻されたが、金時計の輸入規制と10月革命の勃発により、ティソは修理した時計を返せなくなったというエピソードがある。 この物語にインスパイアされ、100年前の悔しい旅を記念して作られたのが、この時計です。

しなやかなシルエットで手首を包み込むこの時計は、極めて革新的なアール・ヌーヴォー様式を反映しています。 大胆にデザインされたラインと大小の数字を配したレクタンギュラーケースは、スリムなレクタンギュラーダイアルとさりげなく一体化しています。

文字盤のノスタルジックでクラシックなティソのロゴが示すように、わずかにブルーの繊細な針はオリジナルの形状を踏襲し、繊細な質感のリューズは共通のエレガンスを表現しています。

また、スタイリッシュなチョコレートやディープブラックのクロコダイルレザーストラップだけでなく、繊細なシルキーな手触りで手首を彩るスムースなビンテージダークブラウンのレザーストラップなど、幅広いモデルでコレクションを展開していることも特筆すべき点です。