link

1本の時計は入手困難で価格も高いが、それでもカラーオフショアモデルが今のところベストチョイスなのはなぜか。

1本の時計は入手困難で価格も高いが、それでもカラーオフショアモデルが今のところベストチョイスなのはなぜか。

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 初心に戻って、今日はロレックスの取引に関する記事を書き、最近取引されたロレックスの最高値と最安値を紹介しようと思っていたのです。 しかし、残念なことに、いくつかの見積もりを確認しようとしたところ、私のパソコンがインターネットに接続されていないことが判明したのです。 しかし、そんなことはどうでもよくて、今もうひとつのホットな話題である、カラー・ロイヤルオーク・オフショアの最新ニュースと名言、そして条件が許す限り、今買うべき最高の時計である理由をお伝えすることにしました。

まず、2つのことをお伝えしたいと思います。

1つは、夏になり、ほとんどの地域で人々が半袖のトップスに着替え、時計と「競争」する時期になったということです。 しかし、この時期の時計のほとんどは、大きさが足りない、認識力が足りない、表現力が足りないなど、私たちが最も「見せたい」時に腕にしている時計だとすぐに分かってもらえないため、大変申し訳ないのですが、十分に満足できるものではありません。 一方で、ロレックス、オメガ、ユニバーサル、カルティエなどの時計は、周囲で多くの人が身につけているため、「目立つ」ことができないことに気づきます。 グリーンゴーストやオレンジリングのシーマスター、ビッグフライ、ビッグブルーバルーンなどでも。 ロレックスを持って街を歩いていても、なんだか「楽しくない」ような気がしてしまうのです。 そこで私はロレックスからパネライに買い換えたのですが、いくらパネライとはいえ、ご覧の通り、私たちの周りにはまだたくさんのパネライがあります。

ロレックス、オメガ、ヴァンガード、カルティエなどの時計は、周りの多くの人が身につけていて、「人の上に立つ」ことができないことに気づくでしょう。

もうひとつは、2017年の新色ロイヤルオークオフショアは、ブティックではまだ、おそらく下半期まで手に入らないかもしれませんが、セカンダリー市場ではいくつかのカラーで入手できるようになったということです。 そして、これらの色、ホワイト、オレンジ、ブルー、イエロー、グリーンの市場はさまざまである。 色によっては安価なものもあれば、高価なものもあります。 このような市場環境では、多くの時計が新品の50%オフなど非常に低い値引きで入手できることは承知していますが、ロイヤルオークオフショアのカラーモデルの価値は非常に高く、個々のカラーは公定価格を超える価格で販売されています。

これまでのオーデマ・ピゲ「カラー・ロイヤルオーク オフショア」はオフショアクロノグラフがメインでしたが、今回の「カラー・ロイヤルオーク オフショア」は3針ダイビングウォッチであることに注目すべきです。

周知のように、当初、カラーマーカーのカラーディスクは、ユニバーサルグランプリとオーデマピゲのロイヤルオークオフショアに牽引され、火がつき始めた。 炎上した後、ユニバーサルが毎年メインコレクションを変更する中で色分けされたダフィードの熱は冷め、翌年にはユニバーサルはダフィード押しをやめてしまった。 しかし、オーデマピゲロイヤルオークオフショアは、最初のカラー「ボルケーノ」、「バンブルビー」、「ゴールデンパス」の発売後、カラーオフショアモデルの人気が高まるにつれて、キープするようになりました。 その人気が高まるにつれ、カラーオフショアモデルが発売された。 昨年はカラーオフショアクロノグラフがいくつか発表されましたが、今年はカラー3針モデルが発表されました。 カラーオフショア3針モデルは、多くの長所を発揮しながらも「カラフル」であることに変わりはありません。 まず、以前の色のロイヤルオークはオフショアクロノグラフ、クロノグラフはより高価であり、例えば、スチールケースの青いクロノグラフダイヤルオフショアクロノグラフ26170は19万元以上、ほぼ20万、スチールケースの色のテープカラーダイヤルオフショアクロノグラフ26703は20万元以上、以前の21670より少し高価です。 カラーダイヤルとカラーマーカーを採用したオフショアクロノグラフ2機種は、いずれも20万円です。 高級スチールケースのスポーツウォッチの分野では、カラーオフショアクロノグラフが最も高価な時計といえるでしょう。 流通市場でも、カラーオフショアクロノグラフは決して安くはなく、注目のセラミックリングのデイトナより少し高い10万円以上の価格です。 カラーオフショアクロノグラフの公開価格と相場はこちら、高価ですが我慢するしかないですね。 しかし、今、状況は一転している。

新緑のオフショアダイバーは、今最もホットなモデルです。

皆さん、ご注意ください!オーデマ・ピゲは今年、ラージ3針にクロノグラフを搭載しないカラーオフショアモデルを発表します。 つまり、公開価格が大きく下がったということです。 今年の新色オフショア15710は、全色で149,000円。公称価格209,000円のカラーオフショアクロノグラフより6万円安いので、ストレートに価格が下がっている(実際、クロノグラフがあるかどうかはどうでもよく、安いことが重要なのだ)。 しかし、そう簡単にはいきません。

オフショアモデルではブルーが一般的な色なので、グリーンなどに比べると相場はやや低めです。

新色のオフショアダイバーは、公称価格が下がったにもかかわらず、「投機」の対象になってしまった。

時計市場は、時に低価格で販売される時計があるのが面白いところですが、それは「良い」ことではありません。 値段が下がれば、また狼が多すぎて肉が少ないという状況に戻ってしまう。 結果はただ一つ、投機と価格上昇です。 今年、投機的に値上がりする時計は、ロレックスのセラミックリングのディトナー(1年前から値上がりしている・・・)と赤文字のシーアンバサダーくらいかな、と以前から思っていたのです。 予想外だったのは、適正価格を超えるようなカラーオフショアダイバーもいたことです。 今のところわかっているのは、新しいカラーのオフショアダイバーズウォッチが、オーデマ・ピゲのブティックで大規模に販売されるのは、今年の後半までということです。 これまで二次流通市場では、ホワイト、オレンジ、グリーンを見てきました。 その中の一つ、グリーンは公表価格より高い値段で取引されており、私の記憶が正しければ、少し前までは16万か17万くらいで販売されていました(間違っていたらご指摘ください)。 (また、カラーオフショアタイプのいくつかの色の中で、グリーンは最も新鮮な色です)。 他のカラーは、グリーンよりも少し安価ですが、これは主に、オレンジ、ホワイト、ブルー、イエローといった他のカラーが、オフショアの過去のさまざまなバージョンでより頻繁に登場したためです。 また、今年の新色オフショアダイバーは、これまでのオフショアモデルの多くがクローズドバックだったのに対し、シースルーバックを採用している点も特徴的です。

また、黄色はとても目を引く色です。

さて、オフショアの新色モデルですが、非常に歯がゆい状況になっています。

前述したように、半袖や手首に時計が似合う季節になりました。 ロレックス、オメガ、パネライ、ヴァンガードはどれも素晴らしい時計ですが、その分、私たちは “超える “ことが難しくなってしまいました。 ロレックスを愛する私でさえ、今ではオフショアを身につけるべきかのように感じています(高いとは思いますが)。 より認知度の高い、より人目を引く、より高価な時計でないと、人目を引くことができないのです。 新しいオーデマ・ピゲのカラーズオフショアダイバーは、非常に目を引き、認知度が高く、高い時計価値を持つ、完璧な選択です。 何しろ、カラーオフショアモデルがあれば、身の回りのほとんどの時計が「殺せる」のだから。 ただし、現時点では、新色のオフショアダイバーが大規模に展開されるのは下半期からで、公定価格で販売される予定です。 この時点で、カラーオフショアダイバーのセカンダリー市場は「投機」の対象になってしまったのだ。 一番きれいなグリーンはすでに適正価格を超えていますし、他の色も決して安くはありません。 だから、夏に合わせて新色のオフショアダイブウォッチを身につけ、いち早く「追い抜き」を図ろうと思えば、大金が必要になってくるのだ。 価格が高騰しているこの時期に、カラーオフショアのダイバーズウォッチを身につけるなら、この時計は間違いなくベストな選択といえるでしょう。 大金をはたいて、早く手に入れるかどうかは、プレイヤーであるあなた次第です。

オレンジとホワイトは、「ロイヤル オーク オフショア」によく使われる色です。
最後に、もうひとつ情報をお伝えします。 新色のオフショアダイブウォッチの登場は、通常版のオフショアダイブウォッチの相場が少し下がることを意味します。 例えば、オフショア15703の相場は、今は高くないですし、通常版のオフショアは新色ではないので効果は薄いですが、やはり今の相場から見るとずっと、安くて良いように見えますね。