link

すべての兄弟に、オメガの14桁の数字を読めるようになってもらいたい

すべての兄弟に、オメガの14桁の数字を読めるようになってもらいたい

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 今日お話したいのは、オメガの時計のナンバリングについてです。 選手も売り手も数字の話をする。特にロレックスやパテックフィリップは、時計の名前が「ほとんど見えない」ので、数字を言ってしまえば、誰もがその時計が何であるかを知っていて、話がしやすいのである。 ロレックスやパテックフィリップ以外にも、ヴァシュロン・コンスタンタン、ブランパン、オーデマ・ピゲ、ブレゲ、パネライ、グラスヒュッテ・オリジナルなど、プレイヤーやセラーも数字を使ってコミュニケーションを取っている。 ここでメインストリームのブランドで特殊なのは、オメガだけです。 オメガの番号はとても長いので、特定の時計を探すとき、WeChatやSMSで番号を送るとき以外は、通常、誰もオメガの番号を言わないのです。 他の人の番号は、パネライが3桁、パテックフィリップとブランパンが4桁、ヴァシュロンコンスタンタンとオーデマピゲが5桁、ロレックスの旧モデルが6桁で販売。ロレックスの6桁は多いと思われるが、オメガが直接14桁の番号を出した、覚えている人はいるだろうか? そして、オメガの14桁のナンバリングも6分割されています。 例として311.92.44.51.01.007これはオメガ・ダークサイド・オブ・ザ・ムーンの番号で、口を開けば、あれが神だという。

オメガ スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン 311.92.44.51.01.007 という番号で、以下はその例となります。

覚えられないが、読むことはできる。

皆さんもご存知のように、時計には模様のない番号と模様のある番号があります。 代表的なのはロレックスで、数字が数桁あり、数字によって意味が違うので、数字を見ればどんな時計なのかがわかります。 オメガのナンバリングは14個の数字が6分割されているほど長いのですが、オメガは代わりに6分割の数字がそれぞれ意味を表しており、最も規則的な数字になっています。 1段落ずつ説明していくので、読み終わった後に「すげー、そんな簡単なことだったんだ」と気づくはずです。

例えば、オメガ スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン ナンバー「311.92.44.51.01.007」を例に挙げてみましょう。

オメガ シーマスター 300m ダイバー、リファレンス 212.30.41.20.01.003。

オメガ番号の最初のセグメント(311.92.44.51.01.007の311にあたる。)

オメガ番号の最初の段落の数字で、オメガ・ウォッチのシリーズを表します。 例えば、311はオメガ・スピードマスター・コレクションを表しています。 オメガのいくつかの主要なコレクションのナンバリングは、以下の通りです。

123 – コンステレーション

231 – Seamaster AquaTerra(シーマスター アクアテラ

233 – シーマスター300(レプリカの方)

212 – シーマスター 300m ダイバー

215/232 – シーマスター オーシャンユニバース

311 – スピードマスター

331 – スピードマスター57

327 – スピードマスター・マークII

425 – レディマティック

この番号は、私たちが覚えていなくても、最初の番号で一目でオメガの各シリーズを表していることがわかるので、照らし合わせることができます。

オメガの新しいシーマスターAT、番号220.12.41.21.03.002

オメガナンバー2段落目(311.92.44.51.01.007の92の部分です。)

オメガ番号の2番目の数字は、オメガ・ウォッチのケースとブレスレットの材質を表します。 例えば、10はステンレススチールケースとステンレススチールブレスレットを表しています。 ダークサイド オブ ザ ムーン」の92は、セラミックウォッチのため、Kゴールドやステンレススチール以外の素材を使用したケースやブレスレットを表しており、92はスチールやゴールド以外の素材を指しています。 オメガのナンバリングの第2セグメントには、10~98の数字がありますが、これはオメガが非常に多くの素材と組み合わせのケースやブレスレットを持っているため、ナンバリングが多数になるのです。

OMEGA Inter-Venus(オメガ インタービーナス)、シリアルナンバー 123.20.38.21.02.001

オメガナンバー入り第3セグメント(311.92.44.51.01.007の44です)

オメガ番号の第3セグメントにある数字で、時計のサイズを表します。 例えば、「Dark Side of the Moon」の数字の44は、時計のサイズである44mmを表しています。 3番目の数字は、私たちにとってより直感的なもので、数字を見れば一目で時計の大きさがわかります。

オメガ シーマスター300、番号233.30.41.21.01.001

オメガぶれ

オメガ番号の4桁目、時計のムーブメントを表します。 第4セグメントの数字の特殊性は、部分的に見なければならないことである。 この51は、例えば5と1に分かれていて、1桁目がムーブメントの種類、2桁目がムーブメントの機能数(時、分、秒、カレンダー以外の機能数)を表しています。 この51がどのようになるかは、後述する「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」のナンバリングでおわかりいただけると思います。

0 – 機械式ムーブメント

1 – クロノメータームーブメント

2 – コーアクシャル・エスケープメント・ムーブメント

3 – クロノグラフムーブメント

4 – クロノメータームーブメント

5 – コーアクシャル・エスケープメント・クロノグラフ・ムーブメント

6–クオーツムーブメント

7 – クォーツクロノグラフムーブメント

オメガ スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン 311.92.44.51.01.007 の第4セグメントには、一目でわかる51という数字があります。これは、コーアクシャル脱進機クロノグラフを表す5と付加機能(タイムゾーン機能、現在オメガはキャリバー8500以上を使用すると個別にタイムゾーン調整できるため)を表す1なので合計すると51になるのですが、この51の数字が、オメガは、「オメガ スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン」シリーズで、「オメガスピードマスター」シリーズで、「コーアクシャル」「タイムゾーン」「タイムゾーン」の4つのセグメントを表しています。

オメガ シーマスター オーシャナス、Ref. 215.30.44.21.01.002

オメガナンバー5桁(311.92.44.51.01.007の01です)

オメガの番号区分の5番目の番号で、ダイヤルの種類を表します。 例えば、スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン 311.92.44.51.01.007 の01は、「ブラック」ダイヤルを意味します。 前回同様、以下に主な色番を簡単にご紹介します。

01 – ブラック

02 – シルバー

03 – ブルー

04 – ホワイト

06–グレー

08–シャンパーニュ

09–アイボリー

11–赤

12–イエロー

13 – ブラウン

オメガは、上記のメインカラーに加えて、51~64の番号でいくつかの特別なダイアルを示しており、51~64はすべて異なる色のジェムストーンのダイアルを指しています。 例えば、51はブラックジュエル・ダイヤル、52はシルバージュエル・ダイヤルです。 さらに珍しいのは99で、これはオメガのメテオライトダイヤルのような特別なダイヤルを表しています。

オメガ スピードマスター 57、Ref. 331.10.42.51.01.002

オメガナンバー6(311.92.44.51.01.007の007ですね)

オメガ番号の6桁目、製品のシリアル番号を表します。 このナンバリングの部分は、我々プレイヤーにはほとんど意味がない。

兄弟でまとめておきますね。

14桁のオメガ・ナンバリング、6セグメント、に集約されます。

時計シリーズ – ケース ブレスレット – 時計サイズ – ムーブメント – 文字盤 – 製品シリアル番号

オメガ スピードマスター MKII、番号327.10.43.50.06.001

このオメガのナンバリング方式の長所と短所を探ったプレイヤーもいます。 私が思うに、オメガのナンバリングセットは、各段落が一定の意味を表し、実際に非常に直感的であるという利点があります。 数字を見れば時計のさまざまな構成がわかるし、少なくとも私たちは数字を見れば時計の大きさがわかるのです。 パテックフィリップ、ロレックス、ブランパン、パネライなど、他の多くのブランドのナンバリングは単なる数字であり、そこまで細かく対応することはない。 欠点としては、オメガのナンバリングはまだ製造年や防水性などの情報が入っていない、という声もあります。 他の情報が含まれているのであれば、20桁か30桁の数字でなければならない、14桁では長くない?