link

オメガ スピードマスター アポロ11号50周年記念限定モデル。

オメガ スピードマスター アポロ11号50周年記念限定モデル。

ブランドを代表する人気コレクションの一つであるオメガ スピードマスターは、誕生以来急速に進化を遂げ、1969年に初めて月に降り立った人類がスピードマスターを着用するなど、宇宙開発の歴史において重要な役割を果たし、今では人々の心に残る名作となっています。 ここでは、「オメガ スピードマスター アポロ11号 50周年記念限定モデル」をご紹介します。 (モデル:310.60.42.50.99.001)

オメガ スピードマスター アポロ11号 50周年記念限定モデル」は、月面着陸の成功を記念して特別にデザインされた1969年のスピードマスターBA145.022からインスピレーションを得て、この歴史的モデルの魅力を細部に至るまで引き出しています。 その結果、ユニークな色合いの、ヴィンテージ感あふれる手首用タイムピースが誕生したのです。

動作中の時計

オメガは、素材であるムーンシャイン18Kゴールドを革新しました。この新しい合金は、従来の18Kゴールドよりも持続性があり、深い夜空に浮かぶ月の光のように純粋で美しい色合いを持っています。

ベゼルは、オメガの革新的な製法であるジルコニアセラミックを使用し、1969年の歴史的モデルのバーガンディレッドを再現しています。1960年代のスピードマスターのタキメーターベゼルのデザインを踏襲し、ゴールドとレッドが融合したオメガ セラゴールド®テクノロジーで作られたタキメータースケールを搭載しています。 ブランド独自の美意識を表現しています。

クラシックなオメガのロゴが刻まれたリューズの両脇には、クロノグラフを操作するプッシュボタンがあり、クロノグラフの作動とゼロへのリセットが可能です。

オールゴールドの “ステップ “ダイアルに、縦方向にサテン仕上げを施し、質感を高めています。 3つのファンクションダイヤルは少しくぼんでおり、スネイルパターンで装飾され、ダイヤルとのコントラストを演出しています。 アワーマーカーにはブラックオニキスを採用し、時分針、センタークロノグラフ針、サブダイヤル針は、アワーマーカーを引き立てるブラックラッカー仕上げで、より鮮明かつ直感的に読み取れるようになっています。

ムーンシャインの18Kゴールド製ブレスレットは、横に並んだ5つのアーチ型リンクで構成され、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げにより、オメガの時計製造の厳格さを細部に至るまで表現しています。

ムーブメントは、コーアクシャル・エスケープメントとストップセコンド機能を搭載したオメガ3861クロノメータームーブメントで、精度と耐磁性をまったく新しいレベルに引き上げる革新的な耐磁性素材も使用されています。

ケースバックのインナーベゼルには丁寧な加工が施され、青い海と金色の大陸、隕石をはめ込んだ月のモチーフなど、精緻な世界のモチーフを表現しています。

結論:クラシックで個性的なデザインと高い評価を得ている性能を備えた「オメガ スピードマスター 50周年記念限定モデル」は、1969年の伝説的な歴史的モデルを再現し、オメガの革新的な素材とクラフトマンシップによって新しい次元に到達しています。 新しいレベルの洗練されたデザイン。