link

2022年の “重厚 “な新作時計が勢揃い

2022年の “重厚 “な新作時計が勢揃い

今年、ジュネーブで開催された「Watches and Wonders」では、数多くの新作時計が発表されました。 これまでパテックフィリップやロレックスの新作時計について書いてきましたが、今日はよりプレイヤーに関係する、ほとんどのプレイヤーに適した新作時計を取り上げます。 1つの記事で全部見る、どうぞ。

チューダー ビワン プロフェッショナル 27,600円より

ロレックスの姉妹ブランドとして、最近のチュードルは、とてもリアルで誠実です。 タイアップ販売に問題があったチューダーですが、近年の新作時計の優秀さは否めません。 今年、チューダーが最も印象に残った時計は、ヴィンテージのロレックス・タンII1655のような外観を持つ2タイムモデル「ビワンプロフェッショナル」です。 ロレックスの1655に似ていますが、雪の結晶の針などはチュードルに忠実であり、素晴らしいです。

チュードルビワン プロフェッショナル

タグ・ホイヤー モナコ ガルフ・オイル 52400 メートル

タグ・ホイヤーの最も有名な時計であるだけでなく、世界で最も有名なスポーツタイムキーパーである「モナコ」。 この時計は必需品です。モナコのスクエアケースは特によく似合います。kingofcool(キングオブクール)は無駄にそう呼ばれることはありません。 今年のガルフオイルカラーのモナコは、レーシングカーとポルシェの両方にリンクしており、さらにモナコには02の自社製ムーブメントが搭載され、歴史、外観、技術、すべてがそのまま受け継がれています。

タグ・ホイヤー モナコ ガルフオイル

シャネル J12 新作 33mm 12.2 機械式 52,500円

これまで、シャネルJ12の小型版である33mmにはクオーツムーブメントが搭載されていましたが、今年、ついに自社製機械式ムーブメント、オートマティックキャリバー12.2が搭載されました。 シャネルの12.2ムーブメントも、シャネル、チュードル、ブライトリングが出資するKENISSIムーブメントファクトリーのものである。 シャネルのムーブメント12.2は、チュードルMTやブライトリングB20と兄弟関係にあり、いずれも優れた品質を誇っています。 女の子には、33mmがちょうどいい大きさで、台座がシースルーになっています。 女の子は必ずしもロレックスが好きとは限りませんが、みんなシャネルが好きなんです。

シャネル J12 33mm

ブライトリング エアライン クロノグラフ 41mm バージョン、公称価格62,800円

ブライトリングは時計ショーには参加しないのですが、新しい時計について一言。 今年、ブライトリングは「アビエーション・クロノグラフB01」を一新しました。 新しいアヴィエーション・クロノグラフB01は、1950年代の歴史的なロゴを使用し、カレンダー窓を従来の4時半の位置から6時の位置に変更したモデルです。 今回の「エアライン・クロノグラフB01」の最大の特徴は、41mmサイズのモデルが登場したことです。 ブライトリング独自のキャリバーB01を搭載した41mmバージョンが登場。41は国内プレーヤーに最適なサイズです。

ブライトリング アビエーション クロノグラフ B01 新型 41mm

パネライ サブマリーナ 1287/88/89、79,000メートル価格

パネライ サブマリーナ 1287、1288、1289は、今年の最新ダイビングウォッチで、サイズは44mmです。 この3機種のサブマリンは、環境に配慮したリサイクルスチールのケースを使用しています。 それよりも、この3本の新しいカラーリングがとても印象的で、カラーセラミックのリングや文字盤のグラデーション効果で、従来のサブマーシブルよりもさらにフェイスが引き立っています。 44mmというサイズも、パネライにはちょうどいい大きさです。

パネライ サブマリーナー 44mm

バンガードの大型パイロット43セラミックケースTOPGUN、公開価格81,800円。

ここ数年、ヴァンガードはパイロットのコレクションのリニューアルを完了させました。 定番の46mmビッグフライに加え、新たに43mmビッグフライが加わり、より多くの手首にフィットするようサイズダウンされました。 今年、UPはビッグフライ43、TOPGUNバージョンにセラミックケースを追加し、カッコよくなりました。 UP Pilotを今買うなら、最新のアップデート版である41mmのフライゲージと43mmのビッグフライがおすすめです。

ユニバーサル・ラージパイロット43セラミックケース TOPGUN

ゼニス フラッグシップスポーツ トリコロール リング 公定価格91800円

この1年で最もホットなゼニスの時計「フラッグシップスポーツ」は、中国では「ゼニソナ」の名で大人気です。 今年、ゼニスはフラッグシップスポーツに3色ベゼルを採用したモデルを発表しました。セラミックベゼルはスモールクロノグラフダイヤルと同じ配色で、ゼニスの歴史を象徴する色でもあるブルー、ダークグレー、ライトグレーに分かれています。3色セラミックベゼルは、高周波ムーブメントと10秒で回転するクロノグラフ秒針に加えて、フラッグシップスポーツの新しいハイライトとなります。

ゼニス シグネチャー スポーツ 3カラー・セラミック・ベゼル

カルティエ タンクLC新色、公開価格は未発表で10万円前後と推定。

カルティエのタンクには様々な種類があります。 最もクラシックでオーソドックスなものを選ぶなら、「タンクLC」(ルイ・カルティエ)と覚えておけばよいでしょう。 クラシックでラグジュアリーなタンクLCは、1台あれば十分です。 タンクLCはオールゴールドケースで、今年の最新モデルは、グレーと赤のモチーフに加え、ヴィンテージタンクMUSTを模したオールブラックの特別なダイアルを採用しています。 以前、昨年バージョンのタンクLCの公示価格は101,000円でしたが、今年の新バージョンはほぼ同価格になるはずです。

カルティエの新作「タンクLC

ロレックス DEEPSEA Deep Submersible 136660、公称価格110,600円。

一部の選手は、ロレックスDEEPSEAも今年更新されていることに気づいた、はい、しかし、この更新は、主にいくつかの詳細を調整することです:新しい136660は少し小さいベゼルと8%のカレンダーウィンドウのサイズを大きくしています。 クラスプのFliplockエクステンションは取り外されています(時計を少し軽くするために取り外したという説もあります)。 全体としてDEEPSEAのまとまりをよくするためです。 あとは、44mm、キャリバー3235、3900m防水のままです。

ロレックス DEEPSEA ディープダイブ 136660

ウブロ スクエアバングニコ スクエア、169,300メートルから

オリジナルの丸いウブロビッグバンの後、ウブロはトノー型のビッグバンソウルを発売し、今年は四角いSQUAREBANG.四角い時計は時計製造では多くはなく、主に歴史から引き継がれたものである。 ウブロのスクエアーバングは、スクエアウォッチの中でも爆発的な人気を誇るモデルです。42mmという比較的控えめなサイズに、ウブロ独自のクロノグラフムーブメントUNICOを採用し、ウブロらしいクールでスタイリッシュな仕上がりになっています。

ウブロ SQUAREBANGUNICO

ランゲオデュッセウスチタンケース、公開価格が発表されていない公開価格は意味がない。

今年、ランゲはチタンケースの「オデュッセウス」を250本限定で発売しました。 これまでのオデュッセウスは、スチールケースとホワイトゴールドケースがあり、どちらも値段が高かったので、今回、250チタンケースとなると、かなり高い値段になるはずで、値段の意味がない。 チタンケース自体の研磨は容易ではありませんが、この時計はチタンブレスレットを採用し、ポリッシュとブラッシュ仕上げで、スチールやホワイトゴールドのケースよりも高い品質を実現しています。 ブルーグレーの文字盤で、まるでプラチナウオッチのような雰囲気で、これからの時代には「とても怖い」時計です。