link

オーデマ・ピゲ「ロイヤルオーク」の新作3モデル。

オーデマ・ピゲ「ロイヤルオーク」の新作3モデル。

スイスの高級時計ブランド、オーデマ・ピゲコピーは、2017年のSIHHを機に、「ロイヤル オーク」や「ロイヤル オーク オフショア」など、新年にふさわしいまばゆいばかりの新作時計を豊富に世に送り出しました。 オーデマピゲは常に伝統に基づくだけでなく、未来に、画期的な技術革新のブランド精神に付着し、独立したパイオニア、異なるシリーズショーの時計の機能も非常に異なっている、非常に魅力的なブランドである。 オーデマ ピゲ ロイヤルオークコレクションの新作3モデルを、以下の時計エディターが間近で見ておすすめします。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 26579CE.OO.1225CE.01
ウォッチコレクション:ロイヤルオーク
直径:41mm
ケース厚:9.5mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:セラミック
防水性能:20メートル
コメント:オーデマ・ピゲのロイヤルオークパーペチュアルカレンダーコレクションを完成させるセラミックウォッチです。 ブラックセラミックは、傷や摩耗に強く、高温や熱衝撃にも耐えられるのが特徴です。 日付、曜日、月、天文学的に正確なムーンフェイズ、文字盤外周の曜日表示、そして永久カレンダー機能の真髄であるうるう年表示が、「グランド・タピスリー」装飾を施した文字盤にくっきりと表示されるのです。 ダークグレーの文字盤にブラックのサブダイヤルを配し、天文学的に正確なムーンフェイズをリアルな月のイメージで表示し、ブラックの部品とのコントラストを際立たせています。 クラシックでタイムレスな41mmケースに、約40時間のパワーリザーブを持つ自動巻きマニュファクチュールムーブメント、キャリバー5134が搭載されています。 サファイアクリスタル製のケースバックからは、この自社製ムーブメントの機械的な美しさを鑑賞することができます。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15454OR.GG.1259OR.01
ウォッチコレクション:ロイヤルオーク
直径:37mm
ケース厚:9.8mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:18Kピンクゴールド、フロストゴールド仕上げ
防水性能:50メートル
コメント:オーデマ ピゲ ロイヤルオーク “フロステッドゴールド” は、高級宝飾品の芸術を取り入れるオーデマ ピゲの伝統を体現しており、フィレンツェの技法としても知られる古代の金メッキ技術によって輝きのある視覚効果を実現しています。18Kホワイトゴールド製の直径37mmのケースには、フロステッドゴールド処理によって独特の質感が与えられています。 ケースとブレスレットは、ブラッシングとポリッシュ仕上げにより、輝きのある視覚効果を実現しています。 グランド・タピスリーのモチーフが刻まれたシルバーの文字盤に、夜光塗料を塗布したピンクゴールドのアプライド・インデックスとロイヤルオーク針が、オーデマ・ピゲの技術力を見事に表現しています。 40石キャリバー3120マニュファクチュールムーブメントを搭載し、自動巻きで約60時間のパワーリザーブを備えています。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 26331ST.OO.1220ST.01
ウォッチコレクション:ロイヤルオーク
直径:41mm
ケース厚:11mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
コメント:オーデマ ピゲ ロイヤルオーク クロノグラフは、1997年に誕生した初代ロイヤルオーク クロノグラフの20周年を記念して2017年に発表されたニューモデルです。 41mmのスチールケースに、防眩サファイアクリスタル、ねじ込み式リュウズを装備しています。 文字盤のデザインも一新され、ツートンカラーの文字盤が新鮮です。3時と9時位置のクロノグラフのサブダイヤルはサイズが大きくなり、アワーマーカーは長さが若干短くなり幅が大きくなり、新しい夜光塗料によってアワーマーカーと転写したローマ数字の視認性が向上し、日付窓は4時と5時の間に配置され、APフォールディングクラスプ付きのスチールストラップの機能も十分に均整がとれ、新しいディテールを備えています。 自動巻きムーブメント「キャリバー」を搭載しています。 パワーリザーブ約40時間のキャリバー自動巻きムーブメントを搭載しています。

結論として、オーデマ・ピゲの時計はどれも独創的なクラフツマンシップの傑作であることがわかります。 独自の美学を持つだけでなく、トレンドに敏感で、スタイリッシュなのです。 上記3つのおすすめモデルは、今年のSIHHにおけるオーデマ・ピゲの氷山の一角に過ぎず、まだまだ多くのモデルが発見されるのを待っているのです。